So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャンガリアンハムスターの飼い方・敷材 [敷材]

スポンサーリンク




ジャンガリアンハムスターの敷材について、

ペットショップで良く目にするハムスター用の敷材は、

松等を使用した安価な木製敷材と、

ポプラ等の広葉樹を使用した上級な木製敷材があります。

しかし、木製の敷材は、木くずが発生し、それを

ジャンガリアンハムスターが吸い込むと

早い場合で1か月、遅い場合で1年でアレルギーになってしまいます。

アレルギーになるとジャンガリアンハムスターの体毛が抜けて

真っ赤な肌が表れてきて、かわいそうな状態になってしまいます。

高級で「アレルギー対策済み」っと表記されている場合でも

安心はできません。

我が家のジャンガリアンハムスター「ぽーちゃん」は、

広葉樹「ポプラ」のマットを使用し、10か月で

アレルギーが出てしまいました。

では、何が安全か?っといいますと、

コーンクリーンベットという爬虫類などの飼育にも使用できる

とうもろこしの芯を細かい粒にした敷材です。

通院している動物病院は、このコーンクリーンベッドが指定です。

「必ずコレ、使って下さいね!」っと言われます。

とうもろこしの芯なので、万が一食べても安心。

ちょっとお値段も良いのですが、3袋セットなど

まとめ買いで対応すると良いですよ。

我が家のハムスターはこの敷材にしてから

1度もアレルギーは発症しておりません。

ぜひ、お勧めです。






スポンサーリンク




共通テーマ:ペット


玄米酢

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。